ガラス修理の水谷硝子店

名古屋市のガラス修理110 水谷硝子店

ガラス修理
ガラス修理の流れ
サイズ・種類の確認
修理目安料金
LINEで簡単お見積り
修理事例

ガラスリフォーム
エコガラスとは
真空ガラススペーシア
薄型断熱ガラス クリアFit
アタッチメント付複層ガラス
防犯ガラス

サービス案内
鏡取り付け
ガラス関連商品
サッシ関連商品
内窓取り付け
エクステリア関連商品

インフォメーション
お問い合わせ
会社概要・地図
最近の投稿
ガラスのリンク集

インフォメーション
キャッシュレス・消費者還元事業

ガラス修理・交換の水谷硝子店

        真空ガラス スペーシア

 
スペーシア
イラスト:日本板硝子HPより
 
現在、新築住宅のほとんどが標準で、サッシに複層ガラス(ペアガラス)を使用しています。
特に、Low-E(ローイー)複層ガラスの普及は、今まで以上に住まいの環境を快適にしてくれるようになりました。

Low-E複層ガラスの特長は、一般複層ガラスより断熱性能に優れ冬の暖房効果を高めると共にガラスに発生する結露を軽減し、夏には日中の熱い日射をカットし冷房効果を高め、紫外線も大幅にカットしてくれるとても優れたガラスです。

こうしたガラスや断熱サッシのおかげで、現在の新築住宅では一枚ガラス時代よりも断然快適になり、より良い生活が送れるようになりました。

その一方で既存する建物の中には、一枚ガラスの住宅やマンション、事務所などは相当数あり、窓に関してお悩みの方は非常に多いことと思います。

一枚ガラス窓の改善をお考えの方へ当店からご提案します。

新築で使われる一般複層ガラスの厚さは18ミリ(空気層12ミリ)以上ありますので専用のサッシでないと使うことはできません。
そこで一枚ガラスから交換ができるリフォーム専用の断熱ガラスがありますのでご紹介いたします。

ここで紹介するリフォームガラスは、真空ガラス「スペーシア」 「スペーシアクール」です。

 
「スペーシア」は、冬に太陽の暖かい日射しを取り入れると共に室内の熱を外に逃がさない高断熱ガラスです。

「スペーシアクール」は、スペーシアの機能はそのままに、夏の日射熱を反射し冷房効果を高める遮熱高断熱ガラスです。

これらはお部屋の環境、目的に合わせ選ぶことができます。
  遮熱性能
 
一般住宅サッシの交換に使用するスペーシアは3ミリ+真空層(0.2ミリ)+3ミリを使いますので総厚は6.2ミリ。
厚さはわずか6.2ミリですが、この真空層とLow-E特殊金属膜の効果により一枚ガラス(3ミリ)の約4倍、一般複層ガラス(3ミリ+空気層12ミリ+3ミリ)の約2倍の断熱性能を発揮します。
  断熱性能
 
更に、この真空層は遮音効果にも優れていますので、8ミリ厚の一枚ガラスや、防音目的の複層ガラス(4ミリガラス+中空層6ミリ+8ミリガラス)に相当する遮音性能を発揮します。  JIS等級T-2(30等級)

※遮音性能は既設サッシの性能により低下することがあります。

耐風圧性能については、片側3ミリのガラスですが、2枚のガラスをマイクロスペーサーで強固に圧着しているため、透明5ミリ厚の一枚ガラスとほぼ同等の性能を持っています。
また同じ構成の一般複層ガラス(3ミリ+空気層12ミリ+3ミリ)と比べると約1.5倍の耐風圧強度がありますので、マンションの高層階にも使用することが可能です。

※耐衝撃強度については片側のガラスの厚さと同じになります。

このように、スペーシアの断熱性能、遮音性能、耐風圧性は一般複層ガラスに比べ大変優れておりますので一戸建て住宅からマンションまでガラスリフォームをお考えの方に断然オススメできる断熱ガラスです。

 
スぺーシアガラス構造
 
スペーシアはあたたかさを逃さず、お部屋を快適に保つ高断熱窓ガラス。
特にそのチカラは冬に発揮されます。
太陽のあたたかさを取り入れながら、その優れた断熱性能によってすばやく暖房でき、あたたかさが長持ちします。
また、ガラスの表面温度が下がりにくいので結露を防ぐ効果に優れています。
 

簡単取り替え

≪今ある窓ガラスを真空ガラススペーシアに交換する方法≫
 
   いままでの複層ガラスは厚さが
   12ミリ以上もあるために、専用の
   サッシやアタッチメントが必要でし
   た。しかし、スペーシアは厚さが
   わずか6.2ミリなので、いまお使い
   のサッシにそのまま取り替えるこ
   とができます。
   しかも短時間で取り替えが可能
   なのでリフォームに最適です。
   サッシを処分する無駄がないので
   余計な費用もかかりません。


   ※現在ご使用中のサッシや建物の
   状況によってスペーシアが装着でき
   ない場合もあります。
   また、スペーシアより薄いガラスか
   ら交換された場合には、ガラスの
   厚さが増した分、窓の重量も
   増加するため、交換前に比べて
   サッシの動きが重たく感じられたり
   網戸の開閉が困難になる場合が
   あります。
   
取り替え図
 

目安料金
窓イラスト
 スペーシア透明 (グレチャン付・総厚6.2o)
ガラス2枚交換の金額です(税別)
サイズ 90p 180p
90p 71,400円 129,200円

 スペーシアクール透明 (グレチャン付・総厚6.2o)
ガラス2枚交換の金額です(税別)
サイズ 90p 180p
90p 76,800円 140,200円

※標準施工(作業員1名)・平日作業の料金です。
※出張地域・現地状況・施工方法により異なります。
 
枚数が増えれば更にお安くなります。

その他サイズ・種類については
お気軽にお問い合わせください。

 
★結露でお悩みの方へ

マンションなどの気密が高い構造の建物は、生活状況によりガラスのみではなくサッシや壁まで結露してしまうことがあります。
サッシまで結露でビショビショになる箇所へは、結露しにくいスペーシアでもサッシから水滴が伝わり、ガラスも濡れてしまいます。
このような窓へは、内窓(二重窓)の取り付けをご提案します。
ただし、内窓を取り付けても結露することがありますのでその場合、湿度は50〜60%にとどめ、加湿器や燃焼開放型暖房器具の使用は控えてエアコン等の暖房機を使用、また換気をするなど室内環境を変える工夫が必要です。

★網入りガラスが使用してある窓について

建築基準法に規定される延焼の恐れのある開口部は、防火ガラスである網入りガラスの使用が義務づけられており、ガラスを交換する際も網入りガラスを使用しなくてはなりません。
スペーシアの網入りタイプは、6.8ミリ+真空層(0.2ミリ)+3ミリ、の総厚10ミリありますので一般住宅に多いガラス溝幅が9ミリのサッシにはスペーシアに交換することはできません。
   
その場合は、内窓(二重窓)の取り付けをご提案します。
   
※スペーシアにはアタッチメント付きもありますが、防火性能はありませんので防火を必要とする窓への使用はできません。

マンション、ビル用のサッシでガラス溝幅が13〜15ミリあるものは防火対応の専用グレチャンがありますので問題なく網入りタイプへ交換できます。
   
※網入板ガラスで構成するスペーシアは、使用条件によって熱割れを生じることがありますので、事前にご検討ください。

★マンションの共用部分について

マンションの窓に当たる開口部は共用部分になります。ガラスを交換する場合は、現状と同じものでなければなりません。一見して明らかに周りと異なるガラスを使用する事は、マンションの景観を変えてしまい資産価値にも影響を与えかねないため注意が必要になります。
   
真空ガラススペーシアへの交換に関しましては、事前にマンション管理組合様に確認をお願いいたします。
   
※不透明ガラスが使用してある場合、スペーシアの不透明ガラスは、スリガラス調(乳白色)になりますのでこちらについても確認が必要になります。

 

COPYRIGHT(C)2006 有限会社水谷硝子店 ALL RIGHTS RESERVED. ガラス110.COM 名古屋市